2016年03月29日

貧困で拡大する腎臓売買、業者になるドナーも バングラデシ

モンクレール ブーツ 【AFP=時事】バングラデシュの農村部に暮らすラウシャン・アラ(Rawshan Ara)さん(28)は何年も借金に苦しみ、ついに家族と同じ道を選ぶ決心をした。現金を手に入れるため、片方の腎臓を闇市場で売りに出すのだ。

 貧しいこの農村地帯の多くの住民と同様にアラさんも簡単に地元の仲介業者を見つけ、そして違法ながら同国で活況を呈している臓器売買ビジネスの犠牲者になった。

 今年2月、1児の母であるアラさんが摘出手術を受けると決めた時、2人の親族──姉と義理の兄弟──が反対した。この2人も2年前に手術を受け、その合併症に苦しんでいたのだ。それでもアラさんが決心を変えなかったのは、「貧しさに疲れ切っていた」から。首都ダッカ(Dhaka)から北西に300キロ離れた、アラさんたちが住むカライ(Kalai)村は、いつからか臓器売買の拠点になっていた。

 アラさんは「夫は一年中病気をしている。娘の教育費もかさむようになった。私はダッカに行ってメイドや衣料品産業の労働者として働いたが、賃金は本当にひどかった」と語ったが、仲介業者の名を明かすことは拒否した。

 しかし警察は、親族らがアラさんを説き伏せて手術を受けさせたとみている。臓器を提供した人物がその後で自ら仲介業者になり、別のドナー(臓器提供者)の獲得に成功すると仲介料を取っているという。カライではこのような仲介業者のネットワークが拡大しており、アラさんの親族もその一部だというのだ。

 地元の警察署長は「こういった業者はまず自分の家族を、それから親族、さらに同郷の村人を狙っていく」と語った。警察署長がAFPに明かしたところによると、「腎臓を売ったカライの人は今年だけで40人」だという。2005年から数えれば、その人数は200人に上る。

 これ以外に現在、12人のカライ出身者が行方不明になっている。程近い国境を越えてインドで入院し、臓器の摘出手術を受けている可能性が指摘されている。

■偽造パスポートで隣国インドへ

 バングラデシュでは、約800万人が腎臓病を患っているとされる。その大半が、罹患(りかん)率の高い糖尿病によるもので、毎年少なくとも2000人の患者が腎臓移植を必要としている。

 しかし合法なのは存命の親族からの提供に限られ、移植可能な腎臓が慢性的に不足しているという実態がある。

 その需要に応えたのが、 モンクレールダウン 多額の金銭が動く闇市場だ。買い手側も必死なら、貧しい売り手側も同じくらい必死の思いで、双方の流れが絶えることはない。

 2011年、バングラデシュ警察がドナーや看護師、医療機関に対する大規模な摘発を実施すると、違法な手術の多くはインドで行われるようになった。

 血液検査を経て、アラさんの腎臓の移植相手が見つかると、匿名の工作員の男から偽造パスポートと身分証明証を手渡された。「私の名前はニシ・アクテル(Nishi Akter)になっていました。男のいとことして通用するようにです。腎臓を摘出するインドの医院に受け入れてもらうためには、どうしても必要なのだと言い含められました」とアラさん。

 健康状態に問題がないことが確認されると、恐怖におののくアラさんは単身で国境の向こう側に送りだされた。「手術当日、私は怖くてたまりませんでした。全能の神アラーに何度も何度も祈りました」

 アラさんが腎臓を売って得た金額は4500ドル(約55万円)。そのお金はイモと米を栽培する農地の借地料に充てた。将来医者になりたいという13歳の娘のために、家庭教師も雇った。

 しかしその代償は高くついた。重いものを持ち上げられなくなり、疲れやすく、息苦しさを覚えることが増えた。「腎臓を売ったのは大間違いでした。今度は自分の健康維持のために、高価な薬が必要になったんです」

 ドナーの多くが、術後のケアが不十分なために健康被害を受けて農作業ができなくなってしまった。上述の警察署長の話では、ドナーの一部は仲介業者に転身し、提供に応じた村民1人につき3000ドル(約37万円)を稼いでいる者もいるという。

 先月には警察が臓器売買を摘発し、カライ村とダッカで計12人を逮捕した。中には、臓器売買で中心的な役割を果たすようになっていた元ドナーもいたという。

 6歳の少年が犯罪組織に腎臓を摘出され、その遺体が池に遺棄されるという事件が発生すると、当局は直ちに摘発に乗り出した。

 警察と地元当局は、臓器売買の危険性を警告する啓発運動を開始。地域内の家庭や学校、イスラム神学校にパンフレットを配布している。

 それでもカライ村の住民の多くは、大きな変化が期待できるとは思っていない。過去にも同様の動きはあったが、効率の悪い刑事司法制度のせいで成果が上がったためしがないからだ。
【翻訳編集】AFPBB News モンクレール 販売
モンクレール ASTERE アステル
posted by saemiko15 at 17:58 | Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧困で拡大する腎臓売買、業者になるドナーも バングラデシ

モンクレール ブーツ 【AFP=時事】バングラデシュの農村部に暮らすラウシャン・アラ(Rawshan Ara)さん(28)は何年も借金に苦しみ、ついに家族と同じ道を選ぶ決心をした。現金を手に入れるため、片方の腎臓を闇市場で売りに出すのだ。

 貧しいこの農村地帯の多くの住民と同様にアラさんも簡単に地元の仲介業者を見つけ、そして違法ながら同国で活況を呈している臓器売買ビジネスの犠牲者になった。

 今年2月、1児の母であるアラさんが摘出手術を受けると決めた時、2人の親族──姉と義理の兄弟──が反対した。この2人も2年前に手術を受け、その合併症に苦しんでいたのだ。それでもアラさんが決心を変えなかったのは、「貧しさに疲れ切っていた」から。首都ダッカ(Dhaka)から北西に300キロ離れた、アラさんたちが住むカライ(Kalai)村は、いつからか臓器売買の拠点になっていた。

 アラさんは「夫は一年中病気をしている。娘の教育費もかさむようになった。私はダッカに行ってメイドや衣料品産業の労働者として働いたが、賃金は本当にひどかった」と語ったが、仲介業者の名を明かすことは拒否した。

 しかし警察は、親族らがアラさんを説き伏せて手術を受けさせたとみている。臓器を提供した人物がその後で自ら仲介業者になり、別のドナー(臓器提供者)の獲得に成功すると仲介料を取っているという。カライではこのような仲介業者のネットワークが拡大しており、アラさんの親族もその一部だというのだ。

 地元の警察署長は「こういった業者はまず自分の家族を、それから親族、さらに同郷の村人を狙っていく」と語った。警察署長がAFPに明かしたところによると、「腎臓を売ったカライの人は今年だけで40人」だという。2005年から数えれば、その人数は200人に上る。

 これ以外に現在、12人のカライ出身者が行方不明になっている。程近い国境を越えてインドで入院し、臓器の摘出手術を受けている可能性が指摘されている。

■偽造パスポートで隣国インドへ

 バングラデシュでは、約800万人が腎臓病を患っているとされる。その大半が、罹患(りかん)率の高い糖尿病によるもので、毎年少なくとも2000人の患者が腎臓移植を必要としている。

 しかし合法なのは存命の親族からの提供に限られ、移植可能な腎臓が慢性的に不足しているという実態がある。

 その需要に応えたのが、 モンクレールダウン 多額の金銭が動く闇市場だ。買い手側も必死なら、貧しい売り手側も同じくらい必死の思いで、双方の流れが絶えることはない。

 2011年、バングラデシュ警察がドナーや看護師、医療機関に対する大規模な摘発を実施すると、違法な手術の多くはインドで行われるようになった。

 血液検査を経て、アラさんの腎臓の移植相手が見つかると、匿名の工作員の男から偽造パスポートと身分証明証を手渡された。「私の名前はニシ・アクテル(Nishi Akter)になっていました。男のいとことして通用するようにです。腎臓を摘出するインドの医院に受け入れてもらうためには、どうしても必要なのだと言い含められました」とアラさん。

 健康状態に問題がないことが確認されると、恐怖におののくアラさんは単身で国境の向こう側に送りだされた。「手術当日、私は怖くてたまりませんでした。全能の神アラーに何度も何度も祈りました」

 アラさんが腎臓を売って得た金額は4500ドル(約55万円)。そのお金はイモと米を栽培する農地の借地料に充てた。将来医者になりたいという13歳の娘のために、家庭教師も雇った。

 しかしその代償は高くついた。重いものを持ち上げられなくなり、疲れやすく、息苦しさを覚えることが増えた。「腎臓を売ったのは大間違いでした。今度は自分の健康維持のために、高価な薬が必要になったんです」

 ドナーの多くが、術後のケアが不十分なために健康被害を受けて農作業ができなくなってしまった。上述の警察署長の話では、ドナーの一部は仲介業者に転身し、提供に応じた村民1人につき3000ドル(約37万円)を稼いでいる者もいるという。

 先月には警察が臓器売買を摘発し、カライ村とダッカで計12人を逮捕した。中には、臓器売買で中心的な役割を果たすようになっていた元ドナーもいたという。

 6歳の少年が犯罪組織に腎臓を摘出され、その遺体が池に遺棄されるという事件が発生すると、当局は直ちに摘発に乗り出した。

 警察と地元当局は、臓器売買の危険性を警告する啓発運動を開始。地域内の家庭や学校、イスラム神学校にパンフレットを配布している。

 それでもカライ村の住民の多くは、大きな変化が期待できるとは思っていない。過去にも同様の動きはあったが、効率の悪い刑事司法制度のせいで成果が上がったためしがないからだ。
【翻訳編集】AFPBB News モンクレール 販売
モンクレール ASTERE アステル
posted by saemiko15 at 03:30 | Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

クリスチャンルブタン スーパーコピー 井戸田潤、五郎丸ポ

新作SALE♪ブライダル♥ルブタンLady Peep150サテン White
製品名:新作SALE♪ブライダル♥ルブタンLady Peep150サテン White
SKU:christianlouboutin0442
価格:69900円
製品の説明:

クリスチャン ルブタン パンプス・ミュール商品紹介:

新作SALE♪ブライダル♥ルブタンLady Peep150サテン,White (17309271)

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)・Lady Peep 150mmクレープサテンパンプス,Off White


ルブタン2015-16AW秋冬新作*・゜・*:.。.*.。.・☆

CHRISTIAN LOUBOUTIN クリスチャンルブタン は、世界中のミューズを虜にするシューズブランド。
テイラー・スウィフトやケイトモス、ヴィクトリアベッカム…etc数多くの海外セレブが愛用。
日本国内でも梨花さんや、紗栄子さん、滝沢眞規子さんに、辺見えみりさん、優木まおみさん…etc、
多くの著名人がルブタンを愛して止まない様子を、雑誌やブログ等で紹介しています♡                              

*・゜・*:.。.*.。.・☆


大人気!セレブ愛用多数・ルブタンのクラッシックコレクション「Lady Peep」☆

最新作のこちらは、「Lady Peep」ブライダルモデル、
150mmヒール・クレープサテンのプラットフォームピープトゥパンプスのご紹介です♡

滑らかで上品な輝きを放つ、ピュアなオフホワイトカラーのクレープサテンを使用した、
清楚かつ女性らしいエレガントなピープトゥパンプス。
150mmピンヒールと50mmのプラットフォームが最高に清楚&セクシー。
ラグジュアリーな大人の女性の魅力を一層引き立たせます。

シンプルながらルブタンならではのハイクラスなデザイン性が光る一足、
特別な日に相応しい、特別な一足です☆

特別価格でのご提供です!
数量限定の為、気になる方はどうぞお早めにお問い合わせ下さい(^^)

・クレープサテン
・ヒールの高さ:約150mm
プラットフォームの高さ:約50mm
・オープントゥ
・レザーインソール
・Christian Louboutin シグニチュアレッドレザーソール

※ご注文前にサイズの確認をお願いいたします。

※撮影状況やご利用画面の発色具合により、実際の商品と色味や素材感が異なる場合がございます。
あらかじめご了承の上、ご注文ください。

※その他、ご質問・ご要望があれば、お気軽にお問い合わせください^^

お探しのものがございましたら指名リクエストよりお問い合わせくださいませ。

管理番号:O1377

 

※配送方法が複数ある場合はカート内にて変更ができます。

※配送会社の状況等によって、商品到着日が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。



人気の検索ワード:
クリスチャン ルブタン スパイクスタッズ ウォレット
★再入荷★【ルブタン】マルチメタル Panettone Wallet(Platine)
国内即発【新作】 ルブタン 可愛い Panettone マルチピンク 完売


 お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤が11日、都内で海外ドラマ「HEROES/ヒーローズ」の新作「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」の大ヒット配信記念イベントに相方の小沢一敬と出席した。以前からラグビー日本代表の五郎丸歩選手にそっくりだと評判の井戸田は「五郎丸ポーズ」に挑戦し、会場を盛り上げた。

 この日は、本作にヒロ・ナカムラ役で出演するマシ・オカも出席。井戸田はマシ・オカを前にハリウッド進出への意気込みを見せ、まずは鉄板の“ハンバーグ師匠”ネタ「7、8、9、ジュ〜」を披露。周囲の反応は微妙だったが、「どうしましたか? まだ鉄板温まっていなかったですか?」とにっこり。

 そんな井戸田を横目に、マシ・オカは「ハリウッドでは通用しないですね」とぽつり。井戸田がめげずに披露した五朗丸ポーズにも、「時を止める能力を持っていますね」と突き放し、さらに「時を止めてもう一度やり直したいことはありますか?」と井戸田に辛らつな質問。井戸田はさらりと毒が盛り込まれたマシ・オカの発言にタジタジになりつつも、「8年前に戻ってもう一度幸せな家庭を築きたいですね」と話して周囲を笑わせた。

 超能力を突然授かった一般人が地球を救うために活躍する姿を描いたテレビシリーズ「HEROES/ヒーローズ」は、全米で2006年より放送スタート。新作では日本人キャスト・祐真キキの出演も話題となっている。マシ・オカは現在婚活中であることも告白し、「いい人がいればぜひ」とアピールした。同じく独身の小沢から、将来小沢が使おうと思っているというプロポーズの言葉「俺の苗字二人で使おうよ」を伝授されると、うれしそうな表情を見せていた。(取材・文:名鹿祥史)

「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」はHuluで配信中

posted by saemiko15 at 11:00 | Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
y>