2015年01月31日

ソフトBが全体ミーティング 工藤新監督「テーマは継続力」

ソフトBが全体ミーティング 工藤新監督「テーマは継続力」 

  2年連続の日本一に挑むソフトバンクはキャンプ地の宮崎市に入り、宿舎で全体ミーティングを開いた。チーム方針などを説き終えた工藤新監督はシーズンに備えた土台づくりに向け「日本一になると、みんなそれなりに自覚が出てくる。(テーマは)継続力」と力強く語った。

  新監督はキャンプでは選手に競争を促す一方、日本一に上り詰めたチームに厚い信頼を置く。「ここから2連覇、3連覇と躍進していくチーム。特別なことは望まない。やってきた野球を信じてやってほしい。何かあったら言ってくれれば対処する」と強調した。

  米大リーグのメッツから松坂が加入し、先発投手枠争いが激しくなる。期待が集まる右腕は日本のマウンドの傾斜や硬さを確かめるため、投球をしない日でもブルペンでシャドーピッチングなどをする意向。9年ぶりの日本球界復帰に向け「一からのスタート」と決意を語った。(共同)

 キャンプ日程へ

posted by saemiko15 at 19:47 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INAC大野「全てタイトルを取りたい」

INAC大野「全てタイトルを取りたい」 

  なでしこリーグINAC神戸は31日、業務提携先の奈良県橿原市内で行われたトークショーに参加した。

  2月1日のサッカー教室の前夜祭として開催され、県内外から約560人が訪れた。FW大野忍主将(31)は「このメンバーで優勝できないのはおかしいくらい。全てタイトルを取りたい」と話すと、客席から拍手が湧いた。

  今季就任した松田岳夫監督(53)は「ボールを保持して、点を取る。相手を圧倒するサッカーをすれば、結果は出てくる」とタイトル奪還に期待していた。

 

posted by saemiko15 at 19:30 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗用車が橋脚に衝突、男女5人死亡…高松

乗用車が橋脚に衝突、男女5人死亡…高松 31日午前2時40分頃、高松市勅使(ちょくし)町の国道11号で、乗用車が中央分離帯に乗り上げた後、分離帯内にある高松自動車道のコンクリート製橋脚に車の左側から衝突した。

  車は大破し、乗っていた男性3人と、ともに16歳で高校1年の女子生徒2人の計5人が病院に搬送されたが、頭や胸などを強く打っており、全員の死亡が確認された。

  香川県警高松南署の発表によると、5人はいずれも高松市牟礼町に住む介護士安部純弥さん(21)と会社員池上虎(こ)太郎さん(20)、同米沢圭祐さん(18)、高校1年鈴木真由さん、同池上舞茉(まり)さん。車を所有する安部さんは運転席、池上虎太郎さんが助手席、他の3人は後部座席で見つかった。

  現場は、JR高松駅の南西約5・5キロで、見通しの良い片側3車線の直線。上を高松自動車道が走っている。同署によると、車はかなりのスピードで中央分離帯に接触し、乗り上げて横滑りしたらしい。ブレーキ痕やスリップ痕はなかったという。

posted by saemiko15 at 19:22 | Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
y>